* 2010池田山麓クラフト展〜ちょっとアートな春の市〜【参加申し込み開始】
■開催趣旨
2009年に続いて3回目の開催です。
池田山麓は、豊かな自然に囲まれながら、数千年の間、人々は途絶えることなく営みを繰り広げ、その中から自然と共生する文化を生み出してきました。その暮らしぶりは、混沌とした現代にあって求められる一つの価値観を提示しているようです。この地でクラフトをはじめとするオリジナル作品の発表と作家同士の交流、さらに地域との交流の機会を持つことは、自然と人間の営みをテーマに未来にむけ期待されるメッセージを発信することが出来るに違いありません。

■開催日時
平成22年4月17日(土)11時〜18時
      4月18日(日)10時〜17時(雨天決行)

■会場
岐阜県揖斐郡池田町宮地 熊野神社参道/境内一帯(民家など屋内会場もあり
ひらめき開催場所について
熊野神社は、平安時代に創建され中世には土岐氏に保護され、近世には21か村の総社として近隣の尊崇を集めてきました。その参道は奥行きを出すため稲妻形に設計され、桜見物には大垣藩主も訪れたといいます。現在もその面影を残し、参道中ほどに建つ朱塗りの大鳥居は穏やかに人々の生活を見守ります。

■主催
2009美濃国池田山麓クラフト展実行委員会

■後援
池田町、池田町教育委員会、池田町商工会、JAいび川、池田町梅生産組合、美濃いび茶宮地生産組合

■協力
岐阜経済大学マイスター倶楽部、サンビレッジ国際医療福祉専門学校、古民家をたのしむ会、宮地区長会

■募集内容
・クラフト…自作のオリジナル作品(骨董、既製品、リサイクル品などのフリーマーケットは不可)の展示、販売、実演
・特産品…農産物などの地元特産品の展示、販売
・飲食…オリジナルメニューの飲食物の販売(衛生管理が十分であり、保健所の許可を得ていること)
・その他各種発表…音楽、舞踊などの発表(事前に問い合わせてください。)

■申込み条件
趣旨に賛同いただける個人、団体

■参加料
1.クラフト(販売有り)1日あたり500円、(販売なし)500円
2.特産品、飲食 収益の5%
※ブースのサイズは原則として、間口3m×奥行2m(若干の相談に応じます)
※ただし、4m×3mお超える場合は、2ブース分の料金をいただきます。

■交流会
作家、住民、実行委員の交流、親睦を図る。 
 4月17日(土)18時30分〜
 参加費 1人あたり1,000円

■申し込み締め切り
ひらめきクラフト:平成22年1月31日(日)
 ※民家等の屋内で出展を希望される場合は12月31日まで
 ※平成21年3月1日までに選考結果を連絡します。(選考の結果お断りすることもあります。)
ひらめき一般公募はクラフト100組・飲食20組程度とし、満杯になり次第締め切らせていただきます。

■諸注意
・2010年開催時には、クラフト展に先立ち4月3日から熊野神社・社叢において「鎮守の杜の展覧会」を開催します。
・参道は指定車両以外は交通規制をおこないます。無料駐車場を用意します。
・出店場所は条件を考慮の上、事務局で割り振らさせていただきます。
 ※公募飲食ブースは原則、境内の特定エリア内です。
・民家等の屋内での展示を希望される場合はその旨ご連絡ください。
・その他の発表会場は別途協議します。
・搬入は、4月17日8時30分以降、搬出は4月18日17時以降。
 ※これ以外の時間を希望される場合は、問い合わせ下さい。
・作品の管理は各自でお願いします。
・宿泊施設は、町内に池田温泉等があります。また近くにはキャンプ場があります。
 なお、民家で宿泊できるものも若干ありますのでご希望の方は、その旨ご連絡ください。
・出店に必要な機材等は、各自でご準備ください。
・ゴミは各自でお持ち帰りください。


■申込先(お問い合わせ先)
2010美濃国池田山麓クラフト展実行委員会事務局
〒503-2406
岐阜県揖斐郡池田町宮地930(土川商店内)
TEL/FAX:0585−45−2120
E-mail:tutikawa@ogaki-tv.ne.jp
ホームページ:http://ikedacraft.norarikurari.moo.jp/「美濃国池田山麓クラフト展」
        http://norarikurari.moo.jp/「Tsuchikawa山里だより」からもリンク

 ◎申し込みは、郵送、FAX,Eメールで受け付けます。
 ※申込書をダウンロードし必要事項を明記してお送りください。
 ひらめき 参加案内・参加申込書はこちら(別のサイトが開きます)
2009.10.01 Thursday * 23:37 | - | comments(0) | trackbacks(0)
Comment









Trackback URL
http://ikedacraft.norarikurari.moo.jp/trackback/1024385
<< 2010クラフト展第2回実行委員会報告 | main | 第3回実行委員会 >>